Two girl are wearing clothing underwears

女性との時間を楽しむ

a woman has white skin

癒やしが足りていないという人にピッタリのお店です!新宿のガールズバーで充実した時間を堪能しましょう!

多くの男性にとって、女性と話す時間は楽しいものになることが多いです。
話し相手になる女性が美しい人だったり、楽しい人だったり、なかなか他では話すことがないような人であればその楽しさは更に倍増することは間違いありません。
しかしながら、そういった女性とタイミングよく知り合う機会はそこまで多くはありません。
そしてその機会は、時を経過するにつれて徐々に訪れることは少なくなってきます。
特に、社会に出て定職に就くようになってからはそういった機会に恵まれないことも多くなります。

そんな男性にとって、女性と接点を持つ機会を平等に与えてくれるのがキャバクラやセクキャバです。
キャバクラやセクキャバに遊びに行けば、男性の外見的特徴、内面的特徴、社会的ステータス、そういった要素に関係なくだれにでも平等に女性との時間が与えられます。
その時間は、一般的な女性との会話を過ごす時間とは全く違った楽しい時間です。
キャバクラやセクキャバに行かないことにはできないような会話もあります。
男性にとって、キャバクラやセクキャバという場所は女性と過ごす時間を与えてくれる素敵な場所なのです。
そこにお金は必要ですが、遊ぶのにかかったお金以上の幸せと喜びを与えてくれることは間違いありません。

システムを知ること

a girl has hot breast

キャバクラやセクキャバで遊ぶにあたっては、そのシステムを知ることが重要です。
基本的には、ここでできることは女性との時間を過ごすということに終始します。
具体的には、お酒を飲みながら女性との会話をを楽しむことができる場所として存在しています。

多くの場合、セット料金と呼ばれる料金設定がなされています。
この料金には、女性が席についてくれるに当たっての料金や、お店の席料が含まれています。
そして、ハウスボトルと呼ばれる無料のお酒の料金も含まれています。
ハウスボトルとして提供されるのは、多くの場合水割りにして楽しむブランデー類が中心となる傾向にあります。
ハウスボトルと、その割物として利用されるミネラルウォーターなどは無料ですが、多くのお店の場合ビールは別料金となることが多いです。
ブランデーやウィスキーの水割りが苦手な場合は、無料案内所などを経由してビールをお得に飲めるようにすることがお得に楽しむコツだといえます。

このセット料金のほかに、席についてもらう女性キャストを指名した場合は指名料が加算されます。
そして最終的に、サービス料やタックスが加算されて支払額が決まります。
店によって、このサービス料やタックスは合わせて20%前後で変動してきます。

キャバクラは夜の華やかな世界であると同時に女の世界でもあります。よくテレビドラマなんかで店の女の子同士がお客さんを取りあったりライバル視するなど色々な確執シーンを見かけますよね。私が恐れていた事はないよりもそれでした。人間関係が嫌で前の仕事を辞めたのに、ここでまた確執があっては意味がないですからね。

恐る恐るの気持ちでついに初出勤の日がきました。


やる気アピール

オープン前のミーティングで店長から紹介を受けた私。取り敢えずはやる気だけでもアピールしないとと元気よくあいさつをしました。そして恐る恐る周りのお姉さまがたの反応を見てみると、思いの外みなさまにこやかに笑顔を見せてくれたので一安心しました。

やはり仲良くしていきたいと思うのならツンケンした態度を見せずにきちんと誠意のある態度を見せれば伝わるという事なのですね。


研修

こういった仕事をした事もなければ男性にモテるわけでもない私。一体どうやって仕事をこなしていくのかとても不安でしたがその心配はありませんでした。

入店してから1週間くらいは先輩がしっかりと指導してくれるシステムになっています。これはどこの見せでも同じシステムだと思います。高いお金を払って利用してもらうわけなのでいきなり素人がテーブルにつくという事はあり得ないという訳なのですね。

具体的にはお酒の作り方であったり、タバコの火の付け方、灰皿の交換の仕方などテーブルでするお世話の基本といたところでしょうか。もちろん私にとってはどれも始めての事なのでしっかりと教えてもらう事ができて本当に助かりました。

いよいよ

こうして研修が終わるといよいよお客さまの前に出る事になります。といっても最初は指名のかかった先輩に同席してヘルプをするといった内容です。もちろんヘルプといってもそれがきちんとなされてないとテーブルが円滑に回る事がないので責任重大です。

ウエイターに飲み物を注文したり、灰皿を交換したり、些細な事に気配りをする必要があります。もちろん始めから完璧にできる人はいませんのでその心配はありません。しかし常にアンテナを張って吸収する努力は必要ですね。

女性との楽しみ方

a woman has hot ass

キャバクラという場所は、男性に楽しい時間を提供してくれます。
この時間の使い方は、最低限のマナーさえ守っておけば自由な使い方ができます。
多くの男性は、席についてくれた女性キャストと純粋に他愛もない会話を楽しむことがその楽しみ方だと感じている傾向にあります。
しかしながらこの場所の楽しみ方は、それだけにとどまるものではありません。

会話を楽しむにあたって、様々なアプローチで楽しむことができます。
例えば、自分自身に何かしらの設定を付けて、その設定に女性がどこまでついてきてくれるかを楽しむこともできます。
女性の会話に対する対応力の高さを堪能できると同時に、自分自身がキャラ設定を破綻させずに話せるかどうかというゲームを楽しむ感覚で会話をすることができます。
また、そういった演技を楽しむことなく素直に話すにしても、普段の人間関係ではなかなか話せないようなことを話すことができます。
ちょっとセクシャルな会話を楽しんだり、人になかなか相談できないような話を相談したり、お店での関係だからこそ出来る話があります。

また、セクキャバならばかわいい女性に多少のセクハラをすることも許されます。
羽目をはずしたい夜は、セクキャバを選ぶのもよいでしょう。

お店ごとの違い

a woman with naked body

キャバクラとセクキャバを比較するにあたっては、そのサービス内容の違いに着目することができます。

基本的には女性と会話をすることがそのサービス内容ですが、そこから先のサービスに違いがあります。
その大きな違いは、ボディタッチが許されるかどうか、というところです。
男の性として、女性の体に触れたくなるという気持ちが生まれるのは当然のことです。
そして、夜のお店ではお酒も入る分その欲求は強くなりやすいです。
そんな時に、女性に触れてしまうことはキャバクラでは許されません。
それに対して、セクキャバであればガッツリとボディタッチをすることができます。

もちろん、風俗店ではないため性的なサービスを期待することはできません。
しかしながらそれでも、酔っ払って女性にセクハラ的な行為をしたくなるという欲求を抑える必要がないのは、男性にとって楽しみにつながります。
酔っぱらって多少の羽目をはずすことが出来る場所として、セクキャバは存在しています。

キャバクラなどの夜の世界では男性にたいして接客をするものなのでどうしても体を触られたりセクハラは日常茶飯事なんだと覚悟はしていました。それでも度がすぎるお客さまがいたりするんだろうな・・と少し憂鬱で不安になってしまいました。

こういった商売についたのだからある程度は仕方のないことですが、それでも・・・これが多くの女性の声なのではないでしょうか。


場がしらけた

実際にどんどんテーブルをメインでこなすにつれて少しずつではありますが私目当てに来てくださるお客さまも増えました。するとやはりエッチな人もその分増えてしまうものです。ありがたい事ですが、やはりちょっとやりづらいですよね。

お触りくらいは仕方ないか・・と諦めていた私ですが、思いきっりお尻をスリスリされた時にはさすがに笑顔を出す事ができずに思いっきりドン引きしてしまいました。ダメとは分かっていてもとっさのことで上手く切り返す事ができませんでした。

当然場はしらけムードになってしまって・・・やってしまった瞬間です。

先輩

こういった時にどんな対応をすれば良いのかと思って先輩のテーブルを観察してみました。彼女は長年の店のナンバーワンです。ただ男性に媚を売りまくってボディタッチをしまくって人気を得たという人ではないので私はかなり尊敬している人なのです。

酔っ払ってしまったお客さまがキスをしようとしていました。それも口に・・。見ているこっちが叫んでしまいそうなシーンでしたが彼女はさっと彼の顔を両手で優しく包んで「みんなが見ているから」と少し恥じらったような話かたをしていました。すると男性はデレデレしてそれ以上をする事はありませんでした。

これを見た瞬間なんてうまい切り返しだろう・・と感激しました。

うまく交わす

お客さまは高いお酒を何本も開けてくれ、自分も酔ってしまうのでついつい気分が上がってしまってセクハラめいた事をしたくなる人も多いもの。それは当たり前と思った方が気がらくかもしれまんせん。

しかしかといってされるがままに許すというのはまた話が違います。そういった行為を受け入れるのは風俗の店であってキャバクラはそこまでする義務はないからです。

だからこそあの先輩のように上手に交わすテクニックがとても大切になってくるという訳なのですね。大切な事はお客さまと場をしらけさせない事、これにつきますね。

注目の記事

オススメリンク